上司

ピンポイント行動をリストにしてチェックする

チェックリストのチェックを必ず行う

行動の目的を明確にする

「できる社員」の、結果に結びつく望ましい行動(ポンポイント行動)を「できない社員」のやり方に取り入れさせる方法を説明しましょう。

「できる社員」のポンポイント行動は1つとは限りませんし、また、「できる社員」は社内に1人だけでゃないでしょう。

そこですべての「できる社員」のすべてのピンポイント行動を拾い上げててリストをつくります。

部下に「目標としたい社員」をあげさせて、その行動を観察させてピンポイント行動を発見させ、リスト化するという方法もあるでしょう。

チーム全体で活用するリストを作る作業はリーダー一人でやるのではなく、チーム全体で取り組みます。

リストを作るときには、それぞれのピンポイント行動の目的を明確にする必要があります。
例えば、
・電話をかける
・週に1回顔を出す
・アフターフォローをする
というような文言では言葉が足りません。
正しいリストはこうなります。

・電話をかけて、最新の情報を伝える
・週に1回顔を出して、顧客の要望を聞き出す
・アフターフォローをする中で、商品の満足度を確認する

このように「何のためにやるのか」という行動の目的を明確にした言葉でなくてはいけません。
「できる社員」のポンポイント行動は、とりあえず電話をする、とりあえず顔を出すなどというものではないはずです。

ピンポイント行動には必ず明確なも目的がありますから、リストを作る際には、それを明記します。そうしなければ、閣下に結びつく行動にはなりません。

チェックリストを機能させる

このリストにチェック欄を設けてチェックリストにすれば、誰もが「成果をあげる行動」をとれるようになります。
但し、チェックリストをつくるだけではだめです。つくったチェックリストを「機能」させなければなりません。

要するに、「必ずチェックする」ということです。

これができていないリーダーが、案外多く存在します。
「チェックリストはつくった。それを活かせるかどうかは部下の問題」というのでは、マネジメント放棄です。

部下の行動に着目することがリーダーの役目ですから、必ずチェックリストのチェックを行わなければなりません。

そして、チェックリストに不備や不足があったときは修正を加えます。

お問い合わせフォーム

気になる方はコチラからお問い合わせ!
必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須ご住所
必須電話番号
ご相談内容
必須メッセージ本文

コメントを残す

*