人間関係

最強のチームの作り方

野球やサッカーなどのスポーツを見ていて思うのですが
名選手が必ずしも名監督、とはなりませんよね。
つまりリーダーは必ずしも名プレイヤーでなければいけないのではないのです。
大切なことはチームをよくするために工夫ができるかどうかです。
自分の才能ではなく、部下の才能を発揮させるための工夫が必要なのです。
良いチームを作るためにやる工夫は大きくわけて2つです。

ビジョンを理解し、部下と共有する

会社には大きなビジョンがあります。
まずこの会社のビジョンを理解ししっかりと把握しましょう。
しかしビジョンというのは抽象的で具体的でないため
なにをどうすればいいのかわかりにくいものです。
そこでビジョンを部下に理解できるように
ミッション(作戦)におきかえることで
部下を具体的な行動にうつさせることができるのです。

役割分担でやる気にさせる

「いつまでに」「なにを」「どうやるか」という
具体的な行動を実行できるミッションを立てましょう。
予算や納期などを具体的に出してやるべきことを明確にし
メンバーの役割分担をしましょう。役割分担することで
そのミッションでの使命がはっきりします。
そして役割を与える時に作戦だけを伝えるのではなく
「活躍に期待している」「成長に期待している」「評価して任せる」と
いう期待の気持ちも伝え仕事へのモチベーションを上げていきましょう。

ビジョンをミッションにし
各位がモチベーション高く仕事に使命感を持ったチーム、
これって最強のチームですね。

お問い合わせフォーム

気になる方はコチラからお問い合わせ!
必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須ご住所
必須電話番号
ご相談内容
必須メッセージ本文

コメントを残す

*