仕事

ムダを嫌い、排除すれば、人生はもっと豊かになる

「5S」という言葉はご存知ですか?
社会人でなくとも、聞いたことのある方も多いと思いますが、

整理
整頓
清掃
清潔

これらを合わせたもののことを言います。

整理

いらないモノを捨てること。

①すぐ使うもの
②使わないもの
③いつか使うもの

に分け、
使わないものは捨てる。
「いつか使うもの」については、「いつまでに使わなければ捨てる」という期限を設定しておき、
それまでに使わなければすぐに捨てること!
※理想はすぐ捨てられる状態にしておくこと

整頓

必要なものをすぐに使えるようにしておくこと!

ものを探す・取りに行く
という手間は非常にムダです!
その時間があれば、他の仕事ややりたいことに時間を割けますよね。

また、間違ったデータや書類を持っていってしまうというリスクもありますので、
そういったことが起きないためにも、
的確にいつでも欲しいものが手に取れるように整頓します。

清掃

常に周りをきれいにしておくこと!

身の回りを常に清潔にしておくことで、
ムダなスペースがなくなり、気持ち良く仕事ができるようになる。

ムダなものがあると、それだけでただでさえ限られたスペースがさらに圧迫されます。
結果、モノを探す時間が必要だったり、ムダにスペースが侵蝕されてしまいます。

清潔

常に清潔にすることを心がけよう!

整理・整頓や清掃も一過性のものではなく、
その状態を保つことを常に心がけましょう!

継続することで、みるみる作業効率が上がります。

しつけ

決められた手順・ルールを守るという習慣を身に付ける!

ルールを守ってさえいれば、仕事をする上で大きなミスが起きにくくなります。
また、手順通りに全員が仕事をすれば、
次は何をして、どうなっていくのかも分かりやすくなり、互いにフォローしあうことが出来ますよね。

まとめ

整頓や清掃など、誰でも出来ることばかりです。
逆に言えば、その程度のことができない人は、いつまでたっても仕事の効率化は望めないという事もできます。

ちょっと整頓すれば時間短縮になるのに、
ムダな時間を過ごして人生をムダにしたくはありませんよね?

有意義な時間を過ごすためにも、ムダを徹底的に省いて、さらに付加価値を付けられるようになりましょう!

コメントを残す

*