人間関係

「努力できる人」と「努力できない人」の違いは能力?

「仕事が出来る人」って、いつも何をやってもスマートで、そつなくこなしているように見えませんか?
出来る人は違うなぁ…と感じることがよくあります。

ですが、そんな人たちはやはりそれなりの努力をしてきています。
誰でも努力をしたからといって成功するわけではないのですが、努力なくして成功はありません!努力は成功のための前提条件であり、要件となるのです。

一方で、「努力が苦手」という人は少なからずらっしゃいます。頑張れない、続けられない、「どうしたら努力できるんだろう?」と悩む方もたくさんいるかと思います。

max16011542-2_TP_V

では、「努力できる人」と「できない人」の違いはなんなのでしょうか?単なる能力の違い?生まれ持っての素質の違い?
今回はそんな違いについてまとめました。

違いは「能力」ではなく「考え方」

ズバリ、結論から言いますと、努力できる人とできない人との違いは、「能力」が異なるのではなく「考え方」が異なるようです。

実際、能力の高低にかかわらず、努力を続ける人達がいて、現場ではそのような人たちが結果を出してきました。
では、その「考え方の違い」とはなんなのでしょうか?
大きく分けると6つになります。

1.努力とは、精神論でなく、方法論である

普通の人だったら、仕事や学業などにおいて「きついことを何とかしてこなそう」と考えます。そのように考えると、精神的にも疲れてしまいますね。なので続かない…となってしまいます。
ですが努力をする人々は、そうではなく「どうやって楽に継続するか」を考えています。良い意味で、自分を信用していないので、努力を仕組み化する。

例えば、「家に帰らず、会社帰りに勉強する」など、継続できるためのルーチンを作る。
自分はいつかサボるだろうから、仕組化してそれを習慣にしてしまえば、当たり前のようにこなす事が出来る。このようにして努力を継続させるようです。

2.努力とは、才能でなく、環境に依存する

努力を出来る才能、と言う方がいますが、努力できる人たちは「才能」といった眼に見えないものを当てにしないのです。代わりに、目に見える「環境」を何とかして努力ができるようにしてします。
勉強しやすい環境、継続しやすい環境、心地よい環境を自ら作り出すことにより、結果的に努力が継続できるのです。

3.努力とは、結果でなく、過程である

努力できる人たちは、結果よりも過程を重視しています。普通だったら「どうせ勝てないからやらない」「今から一流になるのは難しいからやらない」という考えに至りがちですが、そんなことは言いません。

「勝てるようになるかどうかは分からないが、そこに至るまでの過程が大事」あるいは、「一流を目指す姿勢が重要」と考えるのです。
「○○だからやらない」のでは結局なにも続かずやらなくなりますが、「目指すまでの過程や姿勢が大事」と考えやってみれば、それだけで自分がやっていることに対する価値が生まれます。

4.努力とは、楽しむものではなく、単なる習慣である

努力をし続けている人たちに聞くと、ほぼ例外なく「キツくて嫌になる」と述べるようです。
「では、なぜ続けているのですか?」と彼らに聞くと、彼らは決まって「習慣だから、やらないと気持ちが悪い」と仰られます。

努力をし続けている大半の人は楽しんでいるわけではなく、いつもやっている当たり前のことをしているだけなのです。
つまりはそこまで習慣化出来るかどうかが続けるためのカギとなるようですね。

5.努力とは、達成感ではなく、学習感である。

努力をする理由として、「達成感を味わうために努力している」という方も中にはいますが、実際にそれよりはるかに多い人が感じているのは、「今日はこれを学んだ」という学習感であるとのことです。

大抵の場合、努力は成果と直接には結びつかないため達成感は味わいにくいもの。
むしろ自分の中に何が得られたのかを重視するほうが、努力するにあたっては有益になります。
結果を重視していると、ちょっとやっただけで成果がついてこない、と感じたらもうやめてしまいますよね。

6.努力とは、信仰である。

努力をしたほうが良いかどうかは、本質的には誰にもわからないものです。報われるという保証もないですし、結果がでるという客観的な証明もできません。

ですが、「努力をする人」は、「努力をすることの価値」を信じています。それは一種の信仰であり、証明を必要としないものです。
やみくもに努力するのではなく、続けられるやり方を定めてやってみるのが一番でしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
そもそも考え方の違いによって、継続できるかどうかも左右されるようですね。
結果はもちろんついてくれば良いですが、それだけで判断するのではなく、そこに至るまでの過程を楽しむとか習慣にして、続ける工夫をすることが必要なのですね。
何かを続けたいと思っている人は、ぜひそれを習慣にしてみてください。

出典:http://blog.tinect.jp/?p=14757

コメントを残す

*