仕事

企業に合わせて履歴書を書き直したほうがいい理由とは?

履歴書の書き方とか就活マナーについて調べていると、必ずといっていいほど「応募する職種や役職などに合わせて履歴書は書きかえたほうがいい」と聞いたことはありませんか?
確かに、営業職に応募しているのに全然違う志望動機とかを書いていると「ほんとにウチで働きたいのかな…」と思いますよね?
ですが、どこに注意すればいいの?何を書き換えたらいいのかわからない…そう考えると何か難しい作業のように思えてきてしまいますよね
でも、ポイントを押さえていさえすれば難しいことはないのです。

-shared-img-thumb-TC160130040I9A6542_TP_V

仕事について理解する

まずは蛍光ペンと、応募する先の仕事内容についての資料を用意します。
じっくり読み込んでいけば、重要だと思う箇所、自分のスキルが活かせるような内容などが見つかりますので、それをペンでマーク。
その内容と自分のスキルや経験などを絡めてかけば自己PRや志望動機が書きやすくなります。

どんな仕事に応募するのか、将来働くのかを明確にしていなければ、ぞの仕事や企業に合わせて書き直すというのは難しいです。
それに明確にしていないと、入社後のギャップに悩まされるケースも少なくありません。
第一歩としてこの作業はしっかり行いましょう。

marker-455701_640

求人内容に関係のあるものが目につくように書く

求人内容を読み込み、担当者がどのような人材を求めているかが理解できたところで、自己PRを作成します。
担当者が食いつきそうな経験やスキルを探し、履歴書の一番最初、もしくは目立つところに書きます。

最近経験したことを先に書かないといけない、などというルールはないので、食いつきそうな職歴や経験から書くようにします。

仕事に関係なさそうな経験も書き出す

一見、仕事に役に立つのか?と思うような経験でも、時にはアピールできるものもあります。
例えば卓越したコミュニケーション能力だったり、何かをコツコツ続けてきたため忍耐力や粘り強さなどが挙げられます。
自分自身を振り返ってみると思った以上にいろいろかけるかもしれませんよ。

履歴書だけで応募理由がわかるようにする

履歴書は、就活におけるあなたの「顔」となります。(これも耳にタコができるくらい聞かされると思います)
履歴書が通らなければ面接もしてもらえない企業もたくさんありますから、気合を入れて書いていただきたいです。

最終的にはその仕事(企業)に興味をもって応募したということが、履歴書を読んだだけで誰にでも伝わるようになれば成功と言えます。
友人に呼んでもらって、あなたがその企業にどうして興味を持ったのか・なぜその企業なのかが伝わらないと、まだまだブラッシュアップする必要があるということです。

もし応募する先の仕事に関係する経験やスキルがまだないという場合は手を入れられるところが限られてきますので、
自分がなぜ応募したのかを客観的に説明したほうがいいかもしれないですね。

まとめ

履歴書をその都度書き直すのはなかなか面倒な作業でもあります。
ですが、やはりあなたの印象を決定する大事な要素なのですから、しっかり取り組んで頂きたい工程です。
その先の就職活動のことを考えてみれば、たった履歴書一つで落とされるなんてもったいないですよね。
面接対策はしっかりしているのに、履歴書の段階でとされて面接まで行けない…。実際話してみれば魅力を伝えられるのに!
こういった方は多いと思います。ですが、特に大企業になると応募も多く一人一人を相手にできないので履歴書をみてふるいにかけられるわけです。
まずはしっかりと企業と仕事、自分を理解して取り組みましょう。

出典:https://gunosy.com/articles/aX5dI?utm_medium=email&utm_source=mynews_mail

コメントを残す

*