仕事

出世する人の特徴とは?~怒られ方編~

みなさんこんにちは
働いていると、いつかは出世したいと思う方もいると思います。ですが、出世できる人とできない人はやはり存在するもので…
では、出世できる人は何が違うのでしょうか?改めて考えたいと思います。

怒られるのがうまい!?

怒られるのに上手い下手があるのだろうか…そう思うかもしれません。
上司にこっぴどく怒られるのは誰しも通る道。出世する人は怒られ方すらうまいのです。

同じ怒られるにしても、人によっては怒られ方が変わってくるもの。
怒られ方を身に付けるのはビジネスマンにとっては必要なことでもあるようです。

怒られ下手な人は単純なことができていない

上司の怒りを倍増させてしまう人の特徴として
・すぐ謝らない
・話を最後まで聞かない
というものがあります。

まずは一旦話を聞いてから、きっちり謝ることが大切です。
そうしておけば相手の怒りを買わずに穏便に対処できます。
上司が怒るのはミスに対してで、大抵の場合は責任の追及ではありません。
部下がミスをすれば上司が責任を取らなくてはいけないのですから怒るのも無理はないのです…。怒っている相手に対し「はあ」「でも」などと返してしまうと火に油を注ぐようなものです。
まずは謝り、そこから会話を行いましょう。

善悪を判断するものではない

会社とは、だれが正しく、だれが間違っているのかを判断する場ではない。
仕事があって、それをこなし提供するのが会社である。
謝らない人とは、「自分は悪くないのだから謝る必要がない」と考えている。
でも正しいかそうでないかを持ち出しても意味はない。怒られる状況になっているのだからそれを受け止め、切り替えることが必要になってくる。

上司の勘違いとかミスであれば、まずは謝ったうえで相手の怒りを抑え、丁寧に話すようにしましょう。

まとめ

働くということは、ある種のあきらめというか、そういうものだと割り切ってしまったほうが良いのですね。
話を聞かずに謝っても「誠意がない」と受け取られるし、話を聞いていても謝らなければ「その態度はなんだ」となってしまいます。
出世できる人は両者の両立がうまく、割り切ってきちんと謝る事が出来るので、結果的に出世できるということです。
なかなか「割り切る」というのは難しいですが、ある意味その方が楽なのかもしれません…皆さんも、自身の姿勢を見直してみてくださいね。

出典:http://shusse.kyokasho.biz/archives/1302

コメントを残す

*