仕事

①自己分析って具体的になんなの?~自分について振り返る~

こんちには。

今回は就活でよく耳にする「自己分析」についてまとめました。
自己分析ってきくけど何をしたらいいの?なんの意味があるの?筆者はこのように思っていたものです…。
就活をしている、または来年から始めるなどの方も、ぜひご一読いただけたらと思います。

企業側が「本当に知りたいこと」とは?

入社したい企業が応募者の何を知りたいのか
まずはそれを押さえておく必要があります。ほとんどの企業が

・その人の人柄→どんな人なのか?
・入社したい、弊社への熱意→なぜウチに入りたいのか?
・性格や能力→どんなふうにウチに貢献、利益をもたらしてくれるのか?

これらを知りたがっています。。バイトの経験とかサークルの経験、資格などについては上記よりは重要視されていないようです。
ですので、企業側が知りたいことについて自分自身を語れるようになれば採用への道がグッと近づくはずです。

1、自分はどんな人間なのか?なにが得意なのか?
2、やりたいことは?その企業でこういうことがしたい
3、ですので御社でこういったことをしたい

このように整理すればいいでしょう。

過去を振り返る

自分の経験や打ち込んだことを箇条書きにして書き出しましょう。
それを見返すことによって、自分の得意なこと、好きなことが明確になるはずです。

1、打ち込んだこと、真剣に取り組んだことを書き出す
2、こういったととが得意です、こんなことにかなり燃えます、など
3、自己PRや志望動機について語る材料ができる

また、自分が経験したことについての分析も大切です。

1、なぜその活動を行ったのか?(志望動機)
2、なぜ頑張れたのか?(モチベーションはなんだったのか)
3、そのなかでの問題や課題は?その結果は?(問題解決の方法と実践結果)
4、どんなことを学び、英教祖うけたか?(自身の成長と学び)
5、辛い壁があったとして、それを乗り越えられたか?なぜ乗り越えられたのか?(自信の挫折と継続できた理由)

仕事で辛いことや問題が発生したときに、あなたがどのような対処ができるかとかあきらめない姿勢などを企業に伝えることができますね。

過去を振り返る

自分の経験や打ち込んだことを箇条書きにして書き出しましょう。
それを見返すことによって、自分の得意なこと、好きなことが明確になるはずです。

1、打ち込んだこと、真剣に取り組んだことを書き出す
2、こういったととが得意です、こんなことにかなり燃えます、など
3、自己PRや志望動機について語る材料ができる

また、自分が経験したことについての分析も大切です。

1、なぜその活動を行ったのか?(志望動機)
2、なぜ頑張れたのか?(モチベーションはなんだったのか)
3、そのなかでの問題や課題は?その結果は?(問題解決の方法と実践結果)
4、どんなことを学び、英教祖うけたか?(自身の成長と学び)
5、辛い壁があったとして、それを乗り越えられたか?なぜ乗り越えられたのか?(自信の挫折と継続できた理由)

仕事で辛いことや問題が発生したときに、あなたがどのような対処ができるかとかあきらめない姿勢などを企業に伝えることができますね。

まとめ

今回はまずは「自分が打ち込めることって?モチベーションは?」これらについてまとめました。
志望理由やその人の人柄を重視しているわけですから、これらについて答えられると手ごたえを感じられるはずです。
また、自分を語れるというのは自信にもつながります。「私はこういう人間です」とはっきり言える人ってなんかいいですよね。
皆さんも、自身をもって挑んでいただけたらと思います。

出典:http://kenjasyukatsu.com/archives/993

コメントを残す

*