コミュニケーション

「うまい文章」は書く必要がない!文章を早く書く方法

文章を早く書くには「素材を集めて、素材をベースに書く」と言うのがあります。

素材というのは独自の真実、エピソード、数字です。読み手にこれを伝えたいと思う内容そのものを指します。

 

しかし、素材をベースに書くだけでは、

「もっと読ませる文章にしないといけないんじゃないの?」「おもしろくなくなるんじゃない?」と言ったことを言われます。

しかし、この発想こそが文章を書くのに時間がかかる大きな理由になります。

 

うまい文章は書く必要はなく、

ビジネスパーソンが目指すべきは、「分かりやすくて、読者に役立つ文章」です。

 

 

 

人材募集キャッチコピーで失敗例があります。

「当社はとていもいい会社です」

よく使ってしまうフレーズです。しかし分かったようで、わからない言葉です。
「いい会社」というのはその典型例です。たしかにその会社はいい会社なのかもしれませんが、何がいいのかさっぱり伝わってきません。

 

では、何を書けば良いかと言うと、

 

「5年間、社員が一人も辞めていない会社」

「有休休暇を毎年全員が100%消化している会社」

「社長が年度末に金一封をくれる会社」

 

読者が知りたいのはこういう「具体的な事実」です。この例では目に止まります。

素材を表現にまとめようとすると抽象的になり、抽象的な表現は読み手に伝わりにくいのです。
それが「何となく分かるようで、実は分からない」

という事態を引き起こしてしまうのです。

 

だからこそ「素材」に目を向ける必要があります。

 

お問い合わせフォーム

気になる方はコチラからお問い合わせ!
必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須ご住所
必須電話番号
ご相談内容
必須メッセージ本文

コメントを残す

*