Web

Web業界で働くならMacを使うべき?

こんにちは。

皆さんのパソコンはMacですか?それともWindows?
市場規模で比較するとまだまだwindowsパソコンが大半を占めていますが、現在ではMacを使用する人も軒並み増えているようですね。

あんまりMacを褒め称えていると「やれApple信者」、「やれMac厨」とMac派とWindows派で争いが起きるとか起きないとか・・・

そんなMacですがどうして人気があるのでしょうか?

  • デザインがかっこいい!
  • 操作性が最高!
  • カフェでMacが憧れなんです!

といういかにもモテたい願望丸出しの声がほとんどかと思います。(勝ってな意見ですが)

冗談は置いといて、実際に「Web業界で使うなら絶対にMacが良い!」という意見を多く聞きます。
筆者自身Macを使用しているのですが、確かに「Windowsには戻れないな!」と思わせるほど素晴らしいものだと実感しています。

そういう事でWeb業界においてMacが本当に必要なのかを筆者の体験を含めてまとめてみました。

Macの良いところ

デザインの統一性

なんといってもシルバーのシンプルデザインの統一性には素晴らしい物を感じます。最近はゴールドなど新色も出ているようですが付属品含めて同じ色で統一すると自己満足が高いですよね。

Mac

Mission Control機能が便利

これはMacを使った事がない人にはびっくりな機能かと思います。
まるで複数のモニターで作業をしているような感じで生産性を向上させてくれる機能になっています。

トップ画面

Webデザイン制作との相性が良い

  • フォントやグラフィックがキレイ
  • デザインソフトとの相性が良い
  • 全てのブラウザを確認できる

Webデザイナーであればキレイなグラフィックでデザインしたいという理由で人気なのかもしれませんね。

効率化のためのアプリが豊富

Windowsにも機能をカスタマイズするアプリは沢山あるのですがMacならではの機能に合わせたカスタマイズなど、使いやすいものが結構有ります。英語の説明が多いというのが欠点ですが、有名なアプリであれば先人の方々のブログなどで情報を得られるので特に問題ないかと思います。

Macの悪いところ

値段が高い

コスパとしては決して悪くないのですが、Windowsパソコンと比べるとそれなりに高いです。
こればっかりは自分のお財布との相談になってしまいますね。

Windowsとの相性が悪い

これは本当に悩まされました。
特にオフィスソフト(Word、Excel、PowerPoint等)が入っていないので代替のフリーソフトを使用していましたが上手く表示されなかったり、文字化けしたりと使いにくかったです。
結局MicrosoftのMac版オフィスを購入して対応するはめになりました。

Windowsと比べてソフトやアプリ少ない

Windowsのみに対応しているソフトはまだまだ沢山あり、WindowsからMacに乗り換えられない理由の上位に上がるのでは無いでしょうか?

まとめ

結論から言えば好みの問題になるのですが私はMacをおすすめします。
Web業界は生産性が求められる仕事なので、少しでも効率よく仕事をすることが重要だと考えているからです。

ただ誤解してほしくないのはMacを使えば必ずしも生産性が上がるとは限らないということです。
日々学習して最新の情報にアンテナを張らないと宝の持ち腐れになってしまいますよね。

コメントを残す

*