Web

未経験からWebデザイナーになるには?

皆さんこんにちは。

Webデザイナーという仕事をご存知でしょうか?
簡単にいえばWebサイトなどのページをデザインして作成までを行う職業になります。
現在では無料ブログの普及により簡単に自身のページを持つことが出来ますね。ですがほとんどの無料ブログはデザイン構成が一緒なので他と差別化しにくいという欠点があります。
そういう時にWebデザインの知識があれば自分だけのオリジナルなブログページを作成することが出来ます。

Webデザイナーと言えばカッコいい印象がある反面、センスがないと出来ないのではないか?と考えている人が多いかもしれません。実際はそうではなく、繰り返し勉強することで自分の引き出しを増やしていけば未経験からでも活躍出来る職業と言えます。

細かくWebデザイナーの仕事を上げると沢山あるのですが、代表的な仕事をご紹介したいと思います。

Webサイトのデザイン

最もイメージし易い仕事がWebページのデザインになるかと思います。
作成するサイトに合わせて構成やレイアウトを決めた上で美しいデザインを作成する業務になります。
Illustrator(イラストレーター)、Photoshop(フォトショップ)、Fireworks(ファイヤーワークス)などのAdobeという会社が提供しているソフトを使用して作成することがほとんどです。
ソフトを使いこなせれば普段目にするようなロゴやアイコン、バナー画像が作れるようになる上に写真加工なども出来るようになります。

Webサイトの参考例
(Webデザインの参考例)

Webデザインのコーディング

コーディングというのはなかなか聞き慣れない言葉ですね。
どういったお仕事かというと、グラフィックソフトで作成したデザイン(画像データ)をWeb上で表示させるために行う作業になります。HTML、CSS、JavaScriptといったWebページを作成するための言語を使用して作成していくことになります。

HTMLとは?

HTMLとはHyper Text Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)の略語でWebページを作成する際の基本的な言語となります。
言語といっても日本語や英語のようなものではなく、コンピューターが理解出来るように作成されたものになります。
ほとんどのWebページはこのHTMLで作成されており、具体的には作成したデザインの画像や文字を表示するために使用します。

HTMLコーディングの参考例
(HTMLコーディングの参考例)

CSSとは?

CSSとはCascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)の略語でWebページの配置、フォント、文字サイズ、色などを指定出来る言語になります。
HTMLと組み合わせることで始めてWebページが出来上がるようになっています。

JavaScriptとは?

JavaScriptとはWebページに動きをつけるための言語になります。動き以外にもアラートを表示してくれたり、簡単なゲームなども作れたりします。
JavaScriptを組み合わせることによってWebサイトをさらに使いやすく美しいものにすることが出来ます。

(JavaScriptで動いているWebサイトの参考例)
MoMA
DUB FIRE
Ball Pool

Webデザイナーって難しそう?

どうでしょうか?
Webデザイナーって色々やっててなんだか難しそうと思った方もいらっしゃるかと思います。

ですが、Webデザイナーといっても人によって得意、不得意が有ります。
それことデザインが得意でコーディングが苦手という人もいればその逆もいます。(筆者はデザインが出来ないのでお主にコーディングの仕事をしています)

会社によってはデザインとコーディングを完全に分業化するなど様々です。
両方出来た方がいいことは確かですが、自分の得意な分野を伸ばしていく事で仕事として活躍出来るはずです。

Webデザイナーは未経験からでも活躍出来る仕事だと思っています。(筆者自身未経験で始めました)
弊社ではWebデザイナーになりたいという人たちのためにインターンを行なっています。
Webデザイナーに少しでも興味があるという方はお気軽にお問い合わせ下さい。

コメントを残す

*