Web

プログラマーに向いている人の特徴

こんちには。

本日はプログラマーの適正に関して調べあげました。
この記事を読んで自分がプログラマーとしてやっていけるのか考察して頂けたらと思います。

1人の作業が好きな人

プログラマーはコーディング作業を始めるとひたすらパソコンとのにらめっこになります。
作業内容によっては人と会話すら殆ど無いといったことも少なくありません。
特に現在では仕事を円滑にこなすために社内チャットでやり取りをするところも多くあるのでその影響もあるといえます。
自分の世界に入って仕事に集中出来るという人にはプログラマーが向いているといえるでしょう。

自主的に行動出来る人

優秀なプログラマーに共通する事ですが、自ら進んで物事に取り組む人はプログラマーに向いているといえます。
プログラミングを行う上で常に新しい事を想像してチャレンジできる人は目先の苦労よりも先の安楽に向けて行動しているからです。
ちょっとした一手間がめんどくさいといって放置する人にはプログラマーは向いていないといえますね。

長時間座っていられる人

これはどちらかと言えば体調面で大きく関わって来ますね。
それこそプログラミングは朝から晩まで椅子に腰掛けての作業になるので、腰痛持ちや同じ場所にじっと出来ない人は残念ながらプログラマーにはなれません。
プログラマーになるには意外と体力が必要になるのかもしれませんね。

安定した勤務時間じゃなくても大丈夫

ITあるあるといば納期ですね。
納期が近づくにつれて残業時間が増える、さらには徹夜での作業!?といった事はよく聞くかと思います。
実際、ITの世界はクリエイティブな職業なだけあって実力が未熟な間は作業スピードも遅く、納期に間に合わないといった事が出てくる事は確かです。
そのため、残業のない会社で働きたいとなるとプログラマーは会社によって難しいかもしれません。
むしろ、残業よりも自分の技術を高めたいという志があればプログラマーに向いているかもしれませんね。

コミュニケーション能力がある

プログラマーはどちらかと言えば黙々と1人で作業をこなすイメージですが、クライアントまたはマネージャーと行った人とのやり取りが少なからず必要になってきます。
コミュニケーション能力がないと間違ったやり取りのまま作業を進める事になり、終わるべきはずだった作業がやり直しという自体を招く恐れがあります。
プログラマーを目指す人はコミュニケーションを鍛えるべく対策も進めていくほうがいいかもしれません。

まとめ

プログラマーを目指す皆様如何だったでしょうか。
プログラマーは大変な仕事というイメージも有りますが、適性がある人にとっては「まさに天職だ!」と言い知らしめるほど魅力的な職業であることも事実です。
プログラミングの勉強も大事だと思いますが、プログラマーに合った自分を育てることも必要なのでは無いでしょうか。

コメントを残す

*