IT

IT新人必見!! ~IT業界のこれから~ 

IT業界は毎日新しいものが生まれ、昨日発明されたものが今日は普通になっています。それだけ、可能性のある業界と言っても過言ではありません。

この記事では以下の3つからIT業界の今後について説明します。

1.クラウドサービスの影響力

2.ビックデータ関連のビジネス

3.組み込みソフトウェア開発の今後

 

【既存案件の規模縮小につながるクラウドサービス】

パブリッククラウド

・高い性能と利便性のサービスで低コストで利用できる。

・これまでシステムの運用フェーズにおいてIT事業者が担ってきた、調達、構成変更などの作業の多くが画面を介して設定するだけで可能になります。

・そのためハードウェアのコストや開発コストダウンにもつながります。

これはIT事業者にとって生産性向上と案件規模の縮小に繋がります。

今後、システム開発分野で売り上げを伸ばしていくためIT事業者には既存システムとクラウド上のシステムとの連携、クラウド上における自社開発のSaas型サービスの提供、他社クラウドサービスと自社サービスの連携など新たなサービスの提供が求められます。

 

【分散距離技術や分析手法の進化で利用が期待されるビックデータ】

ビックデータ

ネットを介したサービスの利用拡大や企業内への情報システムの普及により、様々な団体や企業に莫大なデータが蓄積されています。

この背景には莫大なデータを処理する分散処理技術や分析方法などが進化しています、データ利用が可能になる環境が整備されています。

データの活用の対象は様々

・企業間取引データ、SNSでのつぶやき、各種センサーを通じたジトや自動車の動きなど様々です。

これらは情報の解析などの用いられており、多様な用途での活用が期待されています。

 

【標準化によって拡大する組込み開発関連のビジネス】

組込みソフトウェア

例:)

・プリンタ複合機、スマートフォン、自動車

などに組み込まれて特定の機能を実現しています。

家電や自動車などの開発費に占める組込みソフトウェアの比率は年々上場しています。

また、メガネやウェアラブルデバイス端末の産業における分野でも組込みソフトウェアが導入されています。

各大手ソフトウェア開発会社(NEC、IBM .etc)などのメーカーは専用の部署を立ち上げるなど、ニーズが高まっています。

 

また技術者の人材育成にも力をいれている企業は少なくありません。

 

お問い合わせフォーム

気になる方はコチラからお問い合わせ!
必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須ご住所
必須電話番号
ご相談内容
必須メッセージ本文

コメントを残す

*