IT

営業力とは?~イメージさせる話し方のポイント~②

こんにちは。
営業力とは?の続きについてまとめさせて頂きます。
イメージさせる話し方ができる営業マン、できる営業マンとはどんな人なのか…これらについてまとめました。

営業マンの3タイプ

営業マンは主に3タイプに分ける事が出来ます。

頭の営業マン
胸の営業マン
腹の営業マン

・頭の営業マン
→頭の回転が良く、商品知識も豊富。分析力があります。

・胸の営業マン
→気持ちや思いやりを込め、頑張り屋さんです。

・腹の営業マン
→間違いなく成果を上げると言われるタイプです。
肝が据わっていて動じず、リラックスしていて存在感がある…
常に安定していて落ち着いているので、相手に安心感を与えます。

話すとき、言葉を「淡々と実感して語る」のです。

どうしたらイメージさせる話し方ができるのか?

相手にイメージしてもらうには、まずは自分の実感として語ることが必要です。
実感をもって話すことが出来れば自然と説得力も生まれ、相手に響きやすくなります。

「今日買い物に出かけたら、近くに焼き鳥屋さんがあってね、
店員さんがジュージュー焼いてるの。
漂う香りが“本当にいい香り”でさ、思わず分厚いレバーとネギ間を買って食べたら“すごく美味しかった”んだよ」

>この目的は、相手に「私も食べたい!」と言ってもらうことです。
日常での出来事を伝えようと意識するだけで話し方は鍛えられます。
ぜひ試してみてくださいね。

出典:http://satomasaki.com/column/manner-of-speaking/595/

コメントを残す

*