IT

【就職する前にやっておくべきこと!】

皆さんこんにちは!

本日は、「就活する前にやっておくべきこと」をご紹介します!
少しでも、就活生の皆さんにお役に立てればなと思っております。

就職前に学生がやっておくべきこと

受験勉強からやっと解放され、のびのび学生生活を過ごしたい…そのキモチ、すごくわかります。
ただ、遊んでばかりはいられません。就活は、早めの行動をすればするほど有利に働きます。

1、まずは先輩の話を聞きましょう。

大学やバイト先の先輩から、就活について話を聞きましょう。
就活の進め方やおすすめの求人サイト、面接での対策など、いろいろ聞いて学んでおきましょう!

2、就活サイトに目を通しておきましょう

より多くの就活サイトを見ておきましょう。
大手は様々なサイトに登録できますが、中小企業だと予算の関係で一部のサイトにしか掲載していない、というケースもあります。
大手サイトのみ目がいきがちですが、より多くのサイトを見て、情報を集めます。
そうすれば、今まで気づかなかった優良企業との出会いもあるはず!

また、事前にいろいろな企業情報を見ていれば、企業説明会の時に質問できるので、サイトを見ているのと見ていないのとでは理解度が全く違ってきます!

3、学生の本文、「勉強」

社会人になって痛感する、「勉強しておけばよかった!」こういった意見が多々あげられます。
学生のうちは、勉強や時間の大切さに気付きにくいですが、社会に出ると痛感する場面がやはりあるようで、自分の学力や理解力のなさにショックを受けてしまう方が多いようです。

社会に出て色々な業界について学ぶうちに、自分の基礎学力のあまりの低さを痛感する瞬間に必ず出会うもの。今しかない貴重な時間を、様々な勉強に費やすのも一つです。

就活前にはインターン制度を利用しよう!

学生のうちは、社会人と比べて時間が作りやすく、学業やバイト、サークル活動などに時間を割くことができます。
ただ、そこにもう一つ「インターン」を加えてみてください。
インターン制度を活用すれば、社会への理解が深まり、自分自身との壁が取り払われます。
環境に身を置くのと置かないのとでは、就職後のスタート地点がやはり違ってくるようです。
社会人としてのマナー、働き方を身に付けることで、他の学生と差ができ、就職においても有利にはたらきます。

まとめ

いかがでしょうか。意外と、「そんなことでいいの?」と思うことが多いかもしれませんね。
学生のうちからどんどん吸収し、チャンレンジすることが、就職に有利になる第一歩です。
ココスペースのインターンでは、「チャレンジしたい!」そんな思いをもった方を歓迎します。
IT企業って、未経験OKのところもあるけれど、やっぱり経験者優遇とか、経験者のみの募集などが目立つようです。
そんな会社に就職できるようになるまで育て上げるのが、弊社のインターン。
その一歩が、IT企業就職への第一歩です。

コメントを残す

*