IT

WPで人気記事を表示させるプラグイン「WP Most Popular」は自由度が高い

ワードプレスで、ウィジェットに人気記事のリストを簡単に設置したい場合には、「WordPress Popular Posts」などのプラグインもありますが、

記述をするときにプラグインの専用タグに縛られることがなく、jQueryを使用した人気記事のスライドショーなども作りやすくて使い勝手が良いです。。

プラグイン自体もシンプルで、ダッシュボード上での設定はなく、有効化するだけでアクセスの集計が行われます。

 

WP Most Popularを使用して人気記事を出力する方法

プラグインを有効化したあと、テーマファイルの表示させたい箇所にこのように記述します。
出力させたい内容のところは、通常のWordPressのテンプレートタグを使用して書きます。

1 <?php $posts = wmp_get_popular( array'limit' => 5, 'post_type' => 'post''range' => 'all_time' ) );
2     global $post;
3     if count$posts ) > 0 ): foreach $posts as $post ): setup_postdata( $post ); ?>
4     /******************************
5     ここに出力させたい内容の記述をする
6     ******************************/
7 <?php endforeachendif; wp_reset_postdata(); ?>

 

1行目にて、集計に関する設定を記述します。
各設定値の情報です。

limit(表示させる記事数)

  • 数値を入力

post_type(集計対象にする投稿のタイプ)

  • 記述なし
    全ての投稿タイプ
  • post
    記事
  • page
    ページ
  • カスタム投稿タイプの名前
    カスタム投稿タイプ

range(アクセスの集計期間)

  • all_time
    全期間
  • monthly
    過去1ヶ月
  • weekly
    過去1週間
  • daily
    今日

 

 

articleタグを使用して人気記事を出力する

  • 人気記事の表示件数:上位3件
  • 集計する投稿タイプ:記事
  • 集計する期間:過去1ヶ月
  • 出力する内容(<article>で括る)
    • 記事のタイトル
    • 日付
    • アイキャッチ画像
    • 記事の抜粋

 

※例)このように書くとアクセスの多い順に表示されます。

<?php $posts = wmp_get_popular( array'limit' => 3, 'post_type' => 'post''range' => 'monthly' ) );
3     global $post;
4     if count$posts ) > 0 ): foreach $posts as $post ): setup_postdata( $post ); ?>
5     <article>
6         <header>
7             <h1><a href="<?php the_permaLink(); ?>"><?php the_title(); ?></a></h1>
8             <time datetime="<?php the_time('Y-m-d'); ?>"><?php the_time('Y年n月j日'); ?></time>
9         </header>
10         <?php the_post_thumbnail(); ?>
11         <?php the_excerpt(); ?>
12     </article>
13 <?php endforeachendif; wp_reset_postdata(); ?>

 

「WordPress Popular Posts」とはまた一味違うプラグインで、人気記事の表示をリスト形式だけでなく、自由な形式で欲しい情報をシンプルに出力することができて、いろいろな用途で使えて自由度が高いプラグインです。

 

 

 

お問い合わせフォーム

気になる方はコチラからお問い合わせ!
必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須ご住所
必須電話番号
ご相談内容
必須メッセージ本文

コメントを残す

*