IT

ムーバブルタイプ(Movable Type)導入手順3

ブラウザで管理画面にアクセス

すべてのファイルをサーバーに設置したらブラウザで管理画面へアクセスします。
アプリケーションディレクトリが「cgi-bin/movabletype/」の場合、下記のURLにアクセスします。

表示された指示に従い、言語設定とデータベース設定とメール設定を行います。
データベース設定は前回で作成、用意されている指定のデータベースの情報を入力します。

次にアカウントの作成を行います。ここで設定するのはMovable Typeのシステム管理者アカウントになりますので必要情報を入力してください。

最後に「最初のウェブサイト」の設定を行います。

Movable Typeには、ウェブサイトとブログという分類になっています、その元となるウェブサイトを設定します。
子となるブログの設定はインストール時には行いません。

 

ウェブサイト名 ウェブサイトのタイトルを入力します
ウェブサイトURL ウェブサイトのURLを入力します
このとき、index.htmlなどのファイル名は含めません例:http://sample.com/
ウェブサイトパス 上記で設定したURLのサーバサイドでのパスを設定しますデフォルトでドキュメントルートまでのパスが入力されるので、任意で階層の変更を行ってください

こちらにもindex.htmlなどのファイル名は含めません

テーマ 使用するテーマを選択しますデフォルトでいくつか入っている中から選択する形ですが、設定後も後から変更は可能です
タイムゾーン ウェブサイトの時間帯を選択します言語設定をしたときに、最適なものが自動で選択されているので、問題なければそのままで大丈夫です

情報を入力後「インストール」ボタンを押すとインストールされます。
「インストールが完了しました!」と表示されれば無事終了となります。

 

 

 

お問い合わせフォーム

気になる方はコチラからお問い合わせ!
必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須ご住所
必須電話番号
ご相談内容
必須メッセージ本文

コメントを残す

*