IT

ムーバブルタイプ(Movable Type)導入手順1

Movable Typeの入手

一般的にはワードプレスの利用が多いですが、ここではムーバブルタイプを見ていきたいと思います。

「Movable Type公式ページ」からダウンロードできます。

 

ワードプレスと違って商用で利用する場合は商用ライセンスを購入し、シックス・アパートユーザサイトにてライセンスを登録しないと最新版がダウンロードできません。個人であれば無償でダウンロードすることができます。

 

動作環境を確認

まずは動作する環境か確認する

  • Perl CGIスクリプトを実行できるWebサーバMTは基本的にPerlで構築されているので、Perlが動く環境が必須になります。
    Perlのバージョンは5.8.1以上です。(5.14.x推奨/5.18.xは未検証のため推奨されていません)

 

  • データを格納するデータベースサーバ
    使用できるのはMySQLのみとなっています。

 

  • FTPアカウントMT(ムーバブルタイプ)をインストールするために必要です。

 

  • JavaScriptが使用できるブラウザ管理画面はブラウザでアクセスします、管理画面ではJSが必須である必要があります。

 

基本的には、Perlが動くWebサーバに加えて、データベースの準備さえできていれば、インストールは可能です。
なお、使用するプラグインによってはPHPもあったほうがいいです。

自分の動作環境が詳しくわからない人は、公式サイトやMovable Type本体に同梱されている「mt-check.cgi」を利用したりと、
確認してみましょう。

 

Movable Typeをインストール

環境の確認や準備が整ったらやったインストールが行えます!
簡単な流れとしてはこのようになります。

  1. データベースの作成
  2. インストール先ディレクトリの選定・アップロード
  3. ブラウザでアクセスしインストールを行う

お問い合わせフォーム

気になる方はコチラからお問い合わせ!
必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須ご住所
必須電話番号
ご相談内容
必須メッセージ本文

コメントを残す

*