IT

AI化が進む時代に求められること。数字だけでなく人を見る

事務・管理系の職種については、

政府のレポートでは、AIやグローバルソースによる代替が進むため、変革の成否を問わず従業員は減ると述べられています。

AIの活用が進むだ場合でも143万人は減る見込みになっており、とても厳しい未来が待っています。

なので働き方改革が求められています。

事務管理系から上がる声は、同じことの繰り返し、非効率なことが多い、といったことが上がってきいます。ITのシステムを導入しても仕事のやり方や仕組み自体が変わってないことが問題の背景にあるようです。

 

数字だけでなく人を見る

人を巻きみましょう。そのためには感情的なコミュニケーションが必要です。だからこそ数字を管理することだけでなく、人を見ることにもシフトしていくことが、AI化が進む時代に求められることになります。

経理財務の仕事でいえば、コストデータを管理することだけでなく、どうやってコストを削減できるか、を考えていくことが本質的な仕事になっていくことでしょう。

しかし、コスト削減は楽しいことではないかもしれません。 そのときに必要なのが対話の場です。会社駅なコスト削減目標があり、その分担を押し付け合うのではなくて、お互いにどう貢献できるかを話し合うことが大切になります。 そういったことから数字ではなく人をみる対話が始まります。

 

お問い合わせフォーム

気になる方はコチラからお問い合わせ!
必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須ご住所
必須電話番号
ご相談内容
必須メッセージ本文

コメントを残す

*