IT

jQueryでsetTimeoutを使い処理を遅らせる方法

JavaScriptでfunctionを“何秒後”に処理するといったことをするには「setTimeout」を使うとできる。jQueryでも「setTimeout」を使うことが出来る。 

jQueryでsetTimeoutを使い何秒後かに処理を実行させる

$(function(){
    setTimeout(function(){
        ~ここに処理を書く~
    },1000);
});

処理を記載する箇所の後ろにある数値「1000」は、
“何秒後”に処理させるかの数値になります。「1000」で1秒

○使い方例

ページを読み込んだ後、
3秒後に要素をフェードインさせる場合。(フェードインする時間は1秒)

$(function(){
    $("#contents").css({opacity:'0'});
    setTimeout(function(){
        $("#contents").stop().animate({opacity:'1'},1000);
    },3000);
});

こんな感じの書き方で行えます。

この「setTime」を使った処理を遅らせるのは、
アニメーションを使った効果を加えるときなど、いろいろなところで使えそうです。

 

 

お問い合わせフォーム

気になる方はコチラからお問い合わせ!
必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須ご住所
必須電話番号
ご相談内容
必須メッセージ本文

コメントを残す

*