アイディア

素晴らしい上司になるコツ

会社に勤務するとなったら、
自分の直属の上司について非常に気になるものです。

ちゃんと仕事を評価してくれるか、先輩に指導していただけるか等、後輩は上司のことを見ているものです。

こまめに声掛けをする

会社にとってまだ影響力のない新人社員等に対しても、
「調子はどう?」「うまくいってる?」など、声掛けをする上司は、
部下からは「自分を一人の人間としてみてくれている」という信頼があります。

一部の人間だけで固まるのではなく、
様々な立場の人から出てくる意見や、環境が大切だとわかっているので、細やかな気遣いや声掛けができるようになります。

部下の成功を褒め、認める

大きな成功しか褒めないというパターンが多いですが、
素晴らしい上司は、部下がどんなに小さいことでも成功したらまず褒めます。

自分たちにとっては小さいことでも、
他の側面から見れば大きな成功かもしれません。

目に見えてわかりやすい成功だけではなく、そういった小さい成功も見逃しません。

時間をかけて指導する

部下が仕事ができないと感じる場合、それは部下のせいではなく、
上司の説明が不足しているだけだと、優秀な上司は理解しています。

できないから切り捨てる上司というのは、
自分が部下を育成できないことを認めているようなものです。

部下が上司が望むものを提供できないのであれば、
できるようになるまで、必要なことを時間をかけてコツコツ教えていくものです。

部下は部下でそういった上司の姿勢ややり方をしっかりと覚え、後に後輩を持った時、役立てていくことができます。

有言実行

あれやれこれやれという口だけではなく、
まずはお手本を行動で示します。

自ら実践し、部下たちに良い影響を与えています。

お問い合わせフォーム

気になる方はコチラからお問い合わせ!
必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須ご住所
必須電話番号
ご相談内容
必須メッセージ本文

コメントを残す

*