アイディア

身体の疲れをとる方法

なんだか日頃から疲れやすい、と感じるときはありませんか?

どれだけ寝ても眠い。

疲れが取れていない感じがする。

昼間からすでに眠い。

 

そんな状態から抜け出すためのコツを調べてみました。

 

 

水分量の改善

まずは朝一杯の水を飲むことを習慣化しましょう。
水分は、足りなさ過ぎても、多すぎてもダメで、ちょうどいい分量を摂取できていれば疲労がたまりにくくなるようです。

起きてからの一杯と、
食事、お風呂の前後、寝る前には一杯の水を飲むようにし、その他の時間でもこまめに補給するようにします。

 

 

睡眠の改善

眠ることは、疲労回復には一番の効果があります。
質の良い睡眠をとることで、身体も休まり、脳も回復します。

寝る前には部屋を暗くして、無駄に光を浴びないようにしましょう。
光を浴び続けると、脳が覚醒してしまい質の良い眠りが得られなくなります。

なかなか寝付けない場合は、
目元をホットタオルなどで温めたり、リラックス効果のあるアロマを焚いたりハーブティーを飲むなどして、
身体の緊張をほぐしましょう。

リラックスでき、手足がぬくもれば自然と眠りにつけます。

 

 

食事の改善

睡眠の次に重要なのが食事です。

バランスよく栄養を取ることで体の動きを活発にし、必要な栄養分を摂取できます。
栄養があれば疲労回復にも効果があります。

特に朝ご飯をしっかり食べることで体の動きを活発化し、
日中はきちんと身体が覚醒して、夜になると自然と眠るようになりやすいようです。

 

 

こまめにストレッチや、深呼吸もおすすめ。

とにかく体をリラックスさせ、血行を良くすることで、疲労の改善が期待できます。

経営者やCEOなどの立場の方々は、特に健康管理に気を配っています。

朝のジョギングやバランスの良い食事をとったり等、健康管理には抜かりがありません。

ぜひ、日々の習慣に取り入れてみましょう。

お問い合わせフォーム

気になる方はコチラからお問い合わせ!
必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須ご住所
必須電話番号
ご相談内容
必須メッセージ本文

コメントを残す

*