WEBデザイン

視線の動きやイメージを利用する。

人の目の動きについて。

構造的に、左右と斜めに動かしやすいそう。なので、視線を横・斜めに動かすよう工夫すれば、見る側の負担も少なくすることができます。

 

どこから見ればわからない資料やサイトだと、ユーザーは離れてしまいます。

迷わせることなく情報に導くことが重要です。

 

 

大きさの見え方について

「至上最大の〇〇!!」「世界最小の〇〇」
のようなフレーズでアピールする際、サイズを感じてもらうために比較できる対象は必ず必要です。

言葉のイメージ

熱い と 熱い

  

色によってしっくりきたり、違和感を覚えたりします。

適切なフォントと色を使わないと、聞き手を困惑させ、疲れさせてしまうため、

いくらプレゼンの話がおもしろくても、話に集中できない可能性がありますので、注意が必要です。

 

 

お問い合わせフォーム

気になる方はコチラからお問い合わせ!
必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須ご住所
必須電話番号
ご相談内容
必須メッセージ本文

コメントを残す

*