仕事

同じことを言っているのに、怒られる人。怒られない人。

 

同じことを言っているのに、怒られる人。怒られない人。

 

 

みなさん、一度は経験した事があるのではないでしょうか。

 

原因は、色々あるかと思います。

 

 

たとえば、

 

怒られた人が、前日に別件で粗相してしまったケースや、

 

相手がイライラしていたタイミングで言ってしまった。など。

 

 

 

間が悪かった、と言うだけなら、 大丈夫なのですが。

 

原因が分からない時もありますよね。

 

そこで!

 

こういった事を、なるべく防ぐために「角のたたない話し方」を覚えましょう!

 

 

①何かを伝える時、お願いする時に。ひとつクッションを挟むのです

 

「恐れ入りますが、~~~~」

「お忙しいところ、申し訳ございませんが、~~~~」

 

などです。

 

これは、意味がないように見えるかもしれませんが、

受け取り手側からすると、印象が変わってきます。

 

「よし、聞いてやるか」といった状態になります。

 

 

②「分かりません」「知りません」で、終えてはいけない。

じゃあ、その次はどうするのか。という報告を添えるのです。

 

提案でも、構いません。

 

「存じ上げません。●●で、確認いたしましょうか?」

「それは、わからないです。●●しましょうか?」

 

などです。

 

分からない、知らないで止めないよう心掛けてみましょう。

 

 

あれ?自分は怒られたのに、アイツは怒られてない。。。

 

そう思った時は、思い返してください。

 

相手を怒らせない人は、「角のたたない話し方」をしているかもしれません。

お問い合わせフォーム

気になる方はコチラからお問い合わせ!
必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須ご住所
必須電話番号
ご相談内容
必須メッセージ本文

コメントを残す

*