コミュニケーション

他人と差をつけるメールテクニック!

 

どうも、こんにちは。

 

日常的な挨拶と同様。

 

メールにもマナーは存在します。

 

 

今は、LINEなどの短文でのやりとりが流行り、

いざ、企業にメールを送信するとなると、

 

気が重く、マナーを意識するあまり、思うように書けないという方も、、、

 

 

そんな時は、まず相手の立場を考えて、これを実践してみてください。

 

「メールは結論から」

 

そう。結論から書いていきます。

 

メールを受け取った相手が、最短で、最も欲している情報を伝えてあげられるように意識してみましょう。

 

 

どうしても長い文章の報告が必要なときもありますよね。

でも、

その中には、読んでほしいけども、

 

別に後で時間が出来た時よんでもらえれば、支障ない。

そんな文章が必ずあるはずです。

 

 

すべて伝えたくなる気持ちは非常に分かりますが。

それは後回しにしちゃいましょう。

 

 

そして勝負は「送り主」と「タイトル」からも始まっています!

タイトルで重要か、そうでないか判断してもらい。

結論を先にみてもらいましょう。

 

 

そうすれば、

メールの書き方も今と少し変わるかもしれません。

 

出来る人は メールも出来る!

 

相手の立場を考える=気遣いができる という事なのでしょうね。

 

お問い合わせフォーム

気になる方はコチラからお問い合わせ!
必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須ご住所
必須電話番号
ご相談内容
必須メッセージ本文

コメントを残す

*