アイディア

仕事のミスを取り返すには? Part1

・自分のミスでクライアントを怒らせてしまったとき
・トラブルが発覚したとき

こういった場合、
自分自身もそうですが、会社の信用も落としてしまうことになります。

「すぐ取り返さなきゃ」と思い、クライアントに有利すぎる条件で、自社に不利な受注をしてしまったりすると、
かえって状況が悪くなってしまうこともあります。

また、ゴマをすることで、逆にクライアントからの信頼を失う可能性もある。

「今取り返す」という焦りは禁物

先ほど述べたように、
焦ってクライアントの機嫌取りをするのはNG。

とにかく真面目に努め、足場を固めるのが重要です。

次の次くらいに取り返すくらいの気持ちで

少しずつ足場を固め、コツコツと真面目に仕事をしておきます。

そうすることで経験を積み、「ここぞ」というときに発揮しましょう。
焦ってはかえって事が大きくなる可能性もあります。冷静に対応することで、チャンスをつかむタイミングを待ちましょう。

まとめ

ミスを犯してしまったら、
「次はもっとこうしよう!」というようなモチベーションに変えていかなければなりません。

クライアントが、「次もお願いしよう」と思えるくらいの成果を上げないと、
同じクライアントからはその後仕事は頂けなくなります。
非常にシビアなので、そういうものだということを念頭に置き、
パフォーマンスを発揮し続けなければなりません。

お問い合わせフォーム

気になる方はコチラからお問い合わせ!
必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須ご住所
必須電話番号
ご相談内容
必須メッセージ本文

コメントを残す

*