仕事

仕事ができる人ほど、書くのが早い

仕事と「書く」ことは、切っても切り離せません。

メールや企画書、報告書はもちろん。
プレゼン資料や自社商品PRのキャッチコピー、自社サイトのHPやブログ、SNSなどの情報配信…。

多様な手段があり、それぞれに対応しなければなりません。

書くことに慣れていれば、
書類の作成も早く、情報発信も素早く対応できます。
素早く対応できれば、その分他の事に時間を割くことができるので、仕事が早いにつながります。

参考書:「10倍速く書ける 超スピード文章術」

「何を書くか」

「どう書くか」ではなく、「何を書くか」で、文章の速さは劇的に変わるようです。
「ストレスなく読めるか」「わかりやすいか」
ということがクリアできていれば、誰でも読みやすい内容になっています。

「どう書けばいいんだろう」
「何度も文章のやり直しをさせられる」

という悩みは結構皆さんもたれているかと思います。

では、LINEはいかがでしょうか。
LINEだとすぐ返信できる、という人は多いと思いますが、
それは最低限の要件だけで、「どう書けばいいんだろう」というのを考えずに書くことができているからだそう。

「文章のうまさ」ではなく、「何を伝えるか」「要件は何か」のみで会話するので、
素早くやり取りをすることができます。

素材を収集する

何も情報(書くための材料)がないと、書きようがありません。

しっかりとした準備をしてから書くのと、
何もないところから書くのとではかかる時間が圧倒的に違います。

リサーチや取材をしっかりしていて、
尚且つ「どう書けばいいか」にこだわらなければ、スピードは改善するはずです。
「きれいな文章を書く」というところにこだわらず、必要なものをそのまま書いてみましょう。

お問い合わせフォーム

気になる方はコチラからお問い合わせ!
必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須ご住所
必須電話番号
ご相談内容
必須メッセージ本文

コメントを残す

*