仕事

仕事が「自分事」になっているか?

会社に属している以上、仕事=他人事ではありません。

①すごく丁寧な接客で、顧客からの信頼の厚いAさん
②空回りして、顧客を怒らせてばかりいるBさん

この二名が同じ会社に属しているとしたら、どちらが顧客の印象に残るでしょうか?

人は、良いことよりも悪い事の方がよく覚えているものです。
どれだけ幸せでも、それが当たり前になってしまいますが、
悪いことについては、数年経っても思い出せる人も少なくないと思います。

上記の例でいうと、
「いつもAさんにはよくしてもらっているけど、Bさんがいる以上、仕事を発注するのは心配だな…」
と、顧客は不安になってしまうものです。

ですので、自分だけが成功していればそれでいいとう考えではなく、
自分が所属している会社全体のことを考えることができれば、できるビジネスマンに近づくことができます。

仕事は他人から与えられるものではない

他人から言われるがまま仕事をしていると、どうしても他人事になってしまいます。
また、会社を離れ、フリーで仕事をするとなった時、都合よく仕事がもらえるわけでもありません。

自分で仕事を取ってきて、自分事としてやると、モチベーションも段違いです。

やってはいけないのは、
営業スタッフなどがせっかく取ってきた仕事を、他人事のように考え、成果を出せないことです。

顧客の利益=会社の利益=自分の利益

「自分が担当ではないから関係ない」
ではなく、自社で受けている仕事ですから、まったく無関係ではありません。

出来る限りの報告・連絡・相談をして、
全員で解決へ向けて動かなくてはなりません。

単に学校へ行き、日々を過ごしているとこのような機会はあまり巡り合えないです。
こういった意識や経験を学生のうちから積んで、即戦力へとなっていきましょう。

お問い合わせフォーム

気になる方はコチラからお問い合わせ!
必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須ご住所
必須電話番号
ご相談内容
必須メッセージ本文

コメントを残す

*