アイディア

デキるビジネスマンになるために!心の整え方

ビジネスマンには、感情をコントロールすることが非常に重要です。

・怒り
・悲しみ
・不安
・イライラ

など、マイナスな感情をコントロールすることで、
目の前の仕事に集中でき、常に高いパフォーマンスができるようになります。

常にイライラしていたり、泣きそうな顔で仕事していたりする人とは一緒に仕事したいと思えませんよね。
常に最高のコンディションで仕事ができるようになれば、デキるビジネスパーソンになれるのです。

常に冷静でいるためには?

自分と他人との問題を分ける

自分の問題ではないのに、悩んだりしてしまう人がいます。

例えば、
職場の上司がイライラしているのを見ると、
「どうにかできないかな」
「何か悪い事したのかな」
と、一喜一憂してしまいます。

たまたまその日は、奥さんと喧嘩したとか、具合が悪いなどの原因があるかもしれません。

いちいち気にするのではなく、
「そういう人なんだ」「相手の問題なんだ」
とある種割り切ることで、相手との関係性がよくなる場合もあります。

周囲の人の感情は、自分がどうにかできるものではなく、
最終的にはその人自身の問題であるので、それを自分の問題としてとらえず、割り切ってしまいましょう。

自分がコントロールできる範囲・できない範囲

自分の力では到底対応しきれないことも多々あります。

デキる人は、自分の力が及ばないことに対しては悩んだりしません。

例えば、
職場で苦手な人が同じ部署にいた場合、勝手にその人を別の部署に追いやることはできませんよね。

であれば、今後その人とどのように付き合っていくべきかということをできる人は考えるのです。

・できるだけ合わないように、要件は一度に済ませる
・自分から挨拶してみる
・何を言ったら怒らせるのか、などを観察する
 など。

常に「嫌だ、会いたくない」
などと悩んでいても、どうしようもない事なのでずっと悩み続けることになります。
悩みが解消できるように、具体的な行動に移すことが必要です。

「事実」なのか、ただの「意見」なのかを確認する


例えば、会議の時間が長くつまらないと感じているとします。

ただ、それは自分が感じているだけであって、
実はとても重要なことを決めているのかもしれません。

他の人にとっては有意義な時間かもしれません。

自分の意見なのか、他社も同じように感じているのかを知るということも必要です。

次回も引き続き、感情のコントロールについてまとめますね。

お問い合わせフォーム

気になる方はコチラからお問い合わせ!
必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須ご住所
必須電話番号
ご相談内容
必須メッセージ本文

コメントを残す

*