アイディア

キャッチコピーの作り方について

今回は、「誰でもすぐにできる 売り上げが上がる キャッチコピーの作り方」について参考にまとめます。

この書籍では、
キャッチコピーを作るコツについて紹介されていますので、
その内容を参考にさせていただきます。

ターゲットを明確にする

漠然と、「若い女性」「サラリーマン」「主婦」
と言っても、ターゲットが広すぎてあまりピンとくる人はなかなかいません。

例えば若い女性であれば、そこら中歩いていますし、お店の店員さんでさえ、若い女性が多いです。
そんな中で、「そこの若いお嬢さん」と言われても、
誰も「自分のことだ」と思ってはくれません。

「そこの眼鏡をかけた、ニット帽をかぶったお客様」
みたいに条件を絞るほど、「自分のことだ」と感じてもらいやすくなります。

逆に言えば、
それ以外のお客様に対しては何の呼びかけもできませんが、
具体的なアプローチとしては有効な方法になります。

欲求の分類と商品

ターゲットとなるお客様の欲求を大きく分けると、

①苦痛から逃れたい欲求
②こうなりたいという欲求

この二つだそうです。

苦痛から逃れたい欲求

  • ・首が痛いので解消したい
  • ・おなかが痛いがどうしてもトイレに行けない状況
  • ・大事な会議なのにどうしても眠い

など、今すぐにでもどうにかしたいという切羽詰まった欲求のこと。

こうなりたいという欲求

  • ・おいしいものを食べたい
  • ・家族旅行に行きたい
  • ・芸能人みたいにきれいになりたい

というような、願望的な要素が強い欲求になります。

自社で提供できるサービスが、
どちらの欲求を満たすか、または両方満たせるのかを明確にするだけでも、
ターゲットを絞る手掛かりになります。

ターゲット明確化の4つの質問

  • ①あなたのサービス・商品を必要としているのは、どんなことで困っている人ですか?
  • ②どんなことで悩んでいる人ですか?
  • ③どんなことに不満を持っている人ですか?
  • ④どんなことを望んでいる人ですか?

これらに答えていくことで、ターゲットが明確になります。
単なる「サラリーマン」「若い女性」「主婦」
などではなく、
どんな生活をしていて、何歳ぐらいで、趣味はなにか、どんな悩みがあるのか、家族構成はどのようなものか
まで具体的に描ければさらに効果的かもしれません。

より具体的にすることで、
「あなただけ」のサービスを演出することができます。

お問い合わせフォーム

気になる方はコチラからお問い合わせ!
必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須ご住所
必須電話番号
ご相談内容
必須メッセージ本文

コメントを残す

*