上司

「リーダー」と「マネージャー」の違いは?

マネージャーは目標を達成する人、リーダーは目標を作る人

「リーダー」と「マネージャー」はどこが違うのでしょうか?
まずは、マネージャーについて考えてみましょう。
マネージャーとしての仕事はいろいろありますが、共通する点は「部下の仕事を助けることによってゴールを達成する」ということです。
では、どのようにして「部下の仕事をたすける」のでしょうか?詳しく考えてみましょう。

自分の仕事をするのではなく、部下に仕事の指示を与える

人に仕事を任せられず、手を出したくなったり、自分でやってしまいたくなったりしませんか?
その気持ちは分かりますが、それをしてしまっては、あなたはマネージャーとは言えません。
部下に仕事の指示をすることが、マネージャーの役割です。

部下の教育、指導をする

部下を教育することは、最も重要な仕事です!あなたの教育次第で、部下は組織にとどまって、重要な戦力になるかもしれないし、あるいは失望して他の会社へ転職してしまうかもしれません。

部下には安全な職場環境。顧客には最高の品質を保証する

マネージャーが責任を果たすべき対象はまず第一に部下です。
部下たちに安全な職場環境を保証し、その安全を脅かす可能性を発券することがマネージャーの責任の一部です。
次に、マネージャーは顧客に対する責任もあります。顧客にたいしては、最高の質の仕事の結果を提供しなければなりません。

部下と経営陣とをつなぐ役割を果たす

部下と経営陣との間の連絡係もマネージャーの仕事です。ただの連絡係ではなく、上と下との間の緩衝装置になったり、部下をほめたり、仕事を成し遂げた人がきちんと評価されるような環境を整えることも必要です。

部下のやる気を引き出し、目標達成を大切にする企業風土を作りあげる

あなたがマネージャーという仕事を真剣に取り組んでいるのであれば、部下のやる気を引き出すことの大切さを十分に理解しているはずです。
やる気とは、目標を達成する意志であり、そのために新しいアイデアをどんどん出すことです。
そして、マネージャーは、そのような雰囲気のある職場を、作り上げることが仕事です。

ひとことでいえば、

マネージャーの仕事は = 組織の目標を達成すること。

それに対して

リーダーの仕事は = 新しい目標を作ることであり、古い目標を改造すること。

です。

もちろん、リーダーがマネージャーで、マネージャーがリーダーであったもいいのです!

お問い合わせフォーム

気になる方はコチラからお問い合わせ!
必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須ご住所
必須電話番号
ご相談内容
必須メッセージ本文

コメントを残す

*