Web

WEBサイトってどうやってできてるの?

弊社ココスペースでは、
「WordとExcelくらいしか触ったことないです」
「コードを書いたことありません」
「パソコン普段ほぼ触らないです」
という学生さんでもスキルアップできるようなノウハウがあります。

今回は、「まだ何も知らないけど、将来的に興味がある」という方向けに、
WEBサイトについての基本的なところをおさらいしたいと思います。

サイトを構成する要素

サイト制作のとき、必ずコーディングというものを行う必要があります。
※最近では、コーディングの知識がなくてもサイトが作れるサービスが発達してきましたが、コーディングの知識があればカスタマイズや自分好みのサイトを作ることが可能です。

html

サイトは、html(HyperText Markup Languag)を中心に制作します。
サイトを開き、右クリックして、「ソースを表示」を選択してみるとコードが確認できます。

サイトの基本的な構造を記述します。
記述については、規則やタグについてなどを覚えさえすれば比較的簡単に記述することができます。
また、CSSやJavaScriptなどによってデザインを整えたり、動きを加えたりなど様々な対応が可能となります。

css

先ほどのhtmlは、サイトの基本構造を定義するものですが、
cssは、サイトのデザイン(スタイル)を定義するものとなります。

サイトを作る上でcssも必須となりますが、
htmlと同様、記述の規則などを覚えさえすれば自由にサイトのデザインを作ることができます。

PCだけでなく、
スマートフォンの画面サイズに適応させるよう、※レスポンシブ調整が可能です。

※=ブラウザに応じてデスクトップウェブページが閲覧できることを目指したウェブデザインの手法。

htmlとcssを組み合わせるだけで、基本的にサイトは作ることができます。

javascript

JavaScriptですが、
html・cssよりも難しいものとなっております。

cssでもある程度サイトに動きを付けることはできますが、
javascriptは使い方によってさまざまな動きをあたえることができます。

サムネイル画像をクリックすると、拡大して表示されたり、
画像がスライドしたり、クリックすると要素が飛び出してきたり、様々です。

テンプレートやソースなどが無料で配布されている場合も多いので、
ある程度知識があればそれらを取り入れた動きのあるサイトにすることができます。

画像や動画

スタイリッシュな写真や動画など、サイトに入れることで表現やアピールなど非常に幅が広がりますね。
イラストやアニメーションを入れたりもできるので、サイトの雰囲気に合わせて表示させると楽しいです。

お問い合わせフォーム

気になる方はコチラからお問い合わせ!
必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須ご住所
必須電話番号
ご相談内容
必須メッセージ本文

コメントを残す

*