Web

HTTPメソッドについて

〜はじめに〜
HTTPメソッドとは、「クライアントがサーバーにリクエストする際の種類」を表します。
以下では、CRUDなアプリを作成する際によく使われる4つのメソッドをご紹介します。

〜メソッドの種類〜
・GET
「GET」は、何かしらデータを取得するときに利用するHTTPメソッドです。

・POST
「POST」は、クライアントからサーバーにデータを送信するときに使います。
新規にアカウントを作成するとき、ブログ記事などを新しく投稿するときなど「新規作成」で使われるのが一般的です。

・PUT
「PUT」は、POSTと同様にクライアントからサーバーにデータを送信するときに使います。
しかし、新規作成より、既存データの「更新」で使われるのが一般的です。

DELETE
「DELETE」は既存データを削除したいときに使います。

〜まとめ〜
HTTPメソッドを適切に活用することで、同じURLに対しても異なった処理を行うようなAPIを実装できます。
TwitterやFacebookなどのAPIなどはそのように実装されている(REST API)ので、興味があれば調べてみてください!

お問い合わせフォーム

気になる方はコチラからお問い合わせ!
必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須ご住所
必須電話番号
ご相談内容
必須メッセージ本文