WEBデザイン

USPを考える

USPとは、Unique Selling Proposition の略語で、
商品やサービスが持っている独自の強みを意味する一般的に知られているマーケティング用語です。

商品やサービスを提供する時、このUSPについて考えることで、他社にはない強みを見出すことができます。

独自の強みが見つからないという場合、作りだしてもいい。

ウチの会社のサービスって、他社とどこが違う?

と考えても答えが見つからなかった場合、
「他社がやっていないサービスを始める」という手があります。

強みが見つからなければ新しく作り出せばいいのです。

注意点

〇実現可能なものにすること。

例えば、24時間365日毎日サポートします!
というような売りにしたところで、対応できるスタッフがいなければ話になりません。
対応できなければ、逆にお客様からの信頼も落ちてしまいます。

より現実的に確実な部分でアピールすることが大切です。

〇誰も気づいていないポイントをアピールすること。

普段、当たり前だと思っていることでも、
お客様が知らないことや、アピールにつながることはあります。

それらを掘り下げてアピールすれば、それだけでも独自の強みとなります。
※他社もアピールしていれば効果は薄れてしまうのがデメリットではあります。

〇商品の本質以外でも勝負できる。

例えば、飲食店で、メニューがそこまで多くないとした場合、
「どの店よりも早く提供できますよ!」
「出前は深夜でも対応しています!」
などのサービスも提供できます。

商品やサービスの本質的なところでは他社に負けるとしても、それ以外で勝てるところを探します。

強みを探るポイント

  • ・誰が
  • ・いつ
  • ・どこで
  • ・何を
  • ・なぜ
  • ・どのように
  • ・いくらで

いわゆる5W2Hです。
これらに一つ一つ回答していけば、独自の強みが見つけやすくなります。

それらの質問で出てきた要素を、さらに詳細に語ることができれば、
効果的なキャッチコピーの出来上がりです。

お問い合わせフォーム

気になる方はコチラからお問い合わせ!
必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須ご住所
必須電話番号
ご相談内容
必須メッセージ本文

コメントを残す

*