WEBデザイン

強調する文字とビジュアルを絞り込み、グラデの華やかさは避ける

売り文句がたくさんあっても…

プレゼン資料やチラシ、Webデザインなどを作る時、誰に魅せるか、予算や手間のかけかたは変わりますが、どちらにせよ「ひまひとつイケテナイ」「なんだか売れなさそう」という資料には、いくつかの共通点があります。

まず売り文句がたくさん並んでいて、会議の資料のままのようなものです。お客さんの気持ちになって資料を見て、なんだか面倒で読みたくないな…という印象をもつものは修正が必要です。

次にビジュアル要素が乏しいことです。
イメージがないからといって、無駄な装飾を施すのは禁物です。余計に安っぽい資料になっていしまいます。
例えば文字をグラデーションや立体にしてしまう。これではお客様に適切なメッセージを伝えれなくなります。

 

印刷書類ではグラデーションを避ける

顧客に読んで理解して貰う必要があります。そのための読ませる工夫が必要ですが、文字は良い書体を選び、あまりいじらないほうが読みやすいのです。

グラデーションは目につきます。ただし読みやすいかは別の話で、むしろ読みづらくなります。グラデーションが本当にきれいな色で印刷出来るかも分かりませんし、むしろチープな印象だけが強くなってしまいます。

また、コントラストも読ませる上で大切で、大きさだけでなく、読ませる文字は全面に出てくる色にし、背景とのコントラストがしっかり高くなるようにします。

 

強調するポイントを絞り内容の構成から変更する

キービジュアルを設け売り文句を強調する

商品の購入対象者に近いイメージのイラストを大きく使うこと、また、イラストで季節の行事を予想させるなど、訴求テーマに合わせようにします。
色数や文字数も絞り、一番目立たせないところを決めます。

 

お問い合わせフォーム

気になる方はコチラからお問い合わせ!
必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須ご住所
必須電話番号
ご相談内容
必須メッセージ本文

コメントを残す

*