IT

LAMP環境チュートリアル

概要

LAMP環境を構築方法を紹介します。

必要条件

  • Windows 10 Pro
  • 4GB以上のメモリ
  • インターネット接続

推奨条件

  • 複数のNIC(有線やWi-Fi等接続手段が複数ある)
  • 8GB以上のメモリ(仮想マシン起動中に別の作業をする場合はあった方が良い)

手順

1,  CentOSのダウンロード

“https://www.centos.org/download/”の”CentOS Linux DVD ISO”からイメージファイルをダウンロードする。

今回はバージョン8.1を使用する。

2, Hyper-Vを有効にする

コンパネの”コントロール パネル\すべてのコントロール パネル項目\プログラムと機能”にある

“Windowsの機能の有効化または無効化”をクリックし”Hyper-V”のラジオボックスをクリックし再起動する。

3, 仮想スイッチを設定する

“Hyper-Vマネージャー”の”操作”項目内の”仮想スイッチマネージャー”をクリックする

  1. “新しい仮想スイッチ”の”外部”を選び作成する(外部に設定することでLAN内からCentOSが認識されます)。
  2. “新しい仮想スイッチ”の設定でアダプタを選択する
  3. 2以上ある場合、使っていないほうを選択する
  4. 1つの場合、管理オペレーション~のラジオボックスをクリック
  5. 名前を任意に変更する

4, 仮想マシンの作成をする

“Hyper-Vマネージャー”の”操作”項目内の”新規”から”仮想マシン”を選択する

  1. 次へをクリック
  2. 任意の名前を記入し次へ
  3. 2世代を選択し次へ
  4. メモリを1024MB以上に設定(より下にするとCentOS起動時にエラーが起きる場合あり)
  5.  次へ
  6. ブートイメージ~に先ほどダウンロードしたイメージファイルを設定
  7. “完了”をクリック

5, 仮想マシンを設定する

  1. 作成した仮想マシンを”仮想マシン”項目内から選択し、作成した仮想マシンの名前の項目内にある”設定”をクリックする。
  2. セキュリティのセキュアブートを無効にする
  3. ネットワークアダプターで作成した仮想スイッチを選択する

6, OSのセットアップ

  1. 起動しCentOSの画面に従う
  2. “SOFTWARE”の”SOftware Selection”のMinimumを選択する
  3. “SYSTEM”の”Network and Host Name”でNICを”ON”にする
  4. ほかの設定は任意であるが次に入力するパスワード等記入した情報は記録しておく
  5. “Begin Installation”をクリックし指示に従う
  6. インストールが完了した後、ログインする
  7. “nmtui”コマンドを実行する
  8. GUIの画面が表示されるので”Edit a connection”でNICを選択する
  9. IPv4をmanualに変更しshowを選択する
  10. 今後CentOSで使用するIP アドレスを設定する
  11. 8の画面に戻る
  12. “Activate a connection”で、10の設定を反映させるため、DeactivateとActivateを連続で設定する
  13. GUIの画面を閉じ、”ip addr”等のコマンドでIPアドレスが設定されているか確認する

お問い合わせフォーム

気になる方はコチラからお問い合わせ!
必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須ご住所
必須電話番号
ご相談内容
必須メッセージ本文