IT

git ignoreとは?

〜使用場面〜
gitでソースコードを管理して開発していると、一緒に管理したくないファイルがある場合が出てきます。(パスワードや環境変数などが記載されたファイル等)
そんな時に git ignoreを設定することで、特定のファイルをgitの管理外に置くことができます。

〜方法(Mac)〜
1. 管理下に置きたくないファイルと同じディレクトリ内に .gitignoreというテキストファイルを作成する
2. 管理下に置きたくないファイルを.gitignore内で下記のように指定する

コメント
# コメントです

ディレクトリを指定
ディレクトリ名/

複数のファイルを指定(ここでは .txtのファイルを指定)
*.txt

特定のファイルだけ管理下に置く(上で .txtファイルを管理外にしたのち指定)
!a.txt

こうすることで、ディレクトリ 内の .txtファイルのうち、a.txtのみ管理対象にすることができます。

〜注意点〜
・すでにgitの管理下にあるファイルを管理外に起きたい場合、git rm –cached コマンドを用いて、管理対象外にする必要がある
・.gitignoreファイルは複数作成可能

〜まとめ〜
gitignoreを使うことで、gitでの管理がスムーズになりそうですね。
パスワードなど重要な情報は管理下に置かないようにしましょう。

お問い合わせフォーム

気になる方はコチラからお問い合わせ!
必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須ご住所
必須電話番号
ご相談内容
必須メッセージ本文