インターン

インターンシップ終了後、お礼状の書き方は?

こんちには!

本日はインターンシップ先に送る、お礼状の書き方についてご紹介しようと思います。
これからインターンシップに参加、また現在参加している方々の参考になればと思います。

お礼状を出すタイミングって?

インターンが終了したあとには、インターンシップ先に感謝の気持ちとしてお礼状を出しますよね。でも、いざ書こうとしたら「どのように書いたらいいのかわからない」「どんな風に書いたら失礼にならないだろうか…」このように悩む人も多いと思います。友達とかが相手ならまだしも、忙しい中仕事やマナーなどを教えてくれた先輩方が相手なので、当然緊張しますよね。
でも、感謝の気持ちを伝えるには、やっぱり早いほうがいい!対応が早いと、マナーがちゃんと身についているという印象を与える上、あなたの感謝の気持ちと情熱が先輩方に伝わりやすくなります。
インターンシップを通して体験した出来事や頑張ったことなどを振り返り、あなた自身の気持ちが冷めないうちに、手早く書いてしまいましょう。

書くときのポイントは?

さて、お礼状を書くときにどのようなことに注意すればいいのでしょうか。ここで少しご紹介します。

そもそもお礼状は出すべきかどうか

・迷うくらいなら出しましょう。お礼を言われて嫌な気持ちになる人はいません。期間が短い場合であっても、少しでも出したほうがいいと思うのなら出すべきです。

便箋の方が良いかどうか

一般的に便箋の方が丁寧な印象を相手に与えます。ですが中にはメールの方がいいという企業もありますので、インターンシップ先の企業に合わせましょう。相手に合わせるのもマナーの一つです。

何を書いたらいい?

まずはお礼の言葉、そしてあなた自身が体験したことや、学んだことについて丁寧に書きましょう。そのために、インターンシップ期間中に毎回その日の出来事や体験したことなどをメモしておくようにするとあとで確認でき、より深みのある文章を書くことができます。
また、特にお世話になった先輩がいらっしゃる場合は、その方に向けた文章を入れておくと良いでしょう。無難に当たり障りのない文章より、相手のことを思いながら書いたほうが表現が全く違ってきて、あなたの思いがより強く伝わるはずです。

パソコン?手書き?

ワードなどを使って作成したほうが整理されて文字もきれいなので読みやすい、という理由から、パソコンを使ってお礼状を書く方も多いと思います。ただ、ちょっと手間をかけて手書きで送ってみましょう。手書きだと、丁寧な印象を与え、よりリアルに思いが伝わりやすくなります。字がそんなにうまくなくても構いません。気持ちを込めて書くようにすれば下手でも気にならないものです。
でも…と悩んでしまう場合は、インターンシップ先の先輩に相談してみるのもいいかもしれませんね。

速やかに送る

冒頭でも述べましたが、早いことが重要です。終了当日に作成、翌日に投函するのが理想的ですが、添削などをしているとそんなに早く出せない、という方もいらっしゃると思われます。なので遅くとも1週間以内に企業に届くように出しましょう。メールの場合は当日が望ましいですね。

封筒の宛名

企業様宛だと、
「株式会社●● 御中」
となります。その企業の個人宛てですと、
「株式会社●● 人事部 ▼▼様」
となります。当たり前ですが送る相手により書き方が異なりますので、その時々に合わせて確認してから送りましょう。

メールで送る場合

メールの場合は、必ずタイトル・誰に宛てているか・自分の連絡先を記載するようにしましょう。
「そんなの言われなくても大丈夫」と思われる方もいると思いますが時々、無題で名前とか連絡先の記載などが抜けたままメールを送ってこられる方がいます。それではメールを送られてきている企業の方は困りますよね。また、社会人は忙しいので正直その方の名前とか連絡先を丁寧に尋ねたりする余裕はありません。
自分自身の情報が抜けていないか、失礼はないかと自分のメールを確認してから送りましょう。

文章の内容としては、手紙と変わりませんが
・株式会社●● 人事部▼▼様
・名前とお礼
・インターンシップでの出来事や感想、学んだことなど
・再度お礼と連絡先の記載
これらを記載し、終了日に送ります。

まとめ

インターンシップを受けている、または受ける予定の皆様、いかがでしょうか。
たとえ友達同士であっても、お世話になった相手にお礼を言うのは当たり前のことですよね。そんな当たり前のことができるように、社会人としてのマナーを身に付けていってほしいと願っております。双方気持ちよく終えられるように準備しておきましょうね。

コメントを残す

*