就活

日経新聞を読むと就活に強くなる理由

理由その1

1日に取り上げる企業数は400社以上⇒⇒知らない優良企業に出会え、企業選びの選択肢が広がる

日経は大手企業から中堅・中小企業、ベンチャー企業まで、朝刊だけで1日に延べ400社以上のニュースを掲載しています。学生が知っている大手・有名k業だけでなく、知名度は低くても世界的な優良企業や成長著しい企業の情報も得ることができ、学生にとっては企業選びの選択肢が広がります。

理由その2

業界・企業の最新情報得ることができる⇒⇒業界・企業研究を深め、説得力のある志望動機が作れる

どの企業の採用選考でも志望動機は必ず質問されます。志望動機は「自分はなぜ同業他社ではなく、その会社を志望するのか」を伝えなくてはなりません。企業研究は必須です。
日経を読めば、業界・企業の最新動向の情報を得られます。世の中の出来事が経済や社会にどう影響するかという「ビジネスの視点」から志望企業を分析することもできるので、説得力ある志望動機を作れるようになるでしょう。

読み方のコツ

①ビジネスの視点で読む

日経新聞では、消費者視点ではなく、ビジネスの視点で「なぜ商社がコンビニを子会社化するのか」という戦略の背景や、具体的な策が書かれている箇所があります。そこを重点的に意識して読むことで「ビジネスの視点」を養うことができます。
②記事を全部読むのは禁物

日経新聞の1日分の文章は約25万文字。これは約400ページの文庫本1冊に相当します。そのため、1日の限られた時間で全記事に目を通すのはほぼ不可能です。新聞は自分の興味や関心のある記事を者者選択して。読んでいけばいいのです。
③「企業」面には志望動機のニュースが満載

日経の特徴は企業ニュースが充実していること。見出しに企業名や業界名が載っていることが多いので、記事を選ぶ目印にしましょう。商品開発や販売戦略、消費者の動向などがわかり、売り手の視点を意識して読むと、志望動機作成の参考になります。

コメントを残す

*