未分類

システムが代替しやすい業務とされにくい業務

かつて人が行っていた多くの作業がシステムに代替されています。

しかし、すべての作業がシステムに置き換わるわけではありません。

それでは、システムによって代替されやすい業務とはなんでしょうか?

・繰り返しが多い
・正確さが要求される
・定期的に発生する

システムに代替された業務の例:)
・給与計算の業務
・決算の業務
・在庫管理の業務

ユーザー企業で働く人のほとんどは、システムの仕組みをしらないため、どの業務が代替できるか分かりません。
そこで、
情報システム部門とIT事業者が中心になってシステム化要件とまとめます。

システム導入は、経営層、エンドユーザー、情報システム部門によって目的が違います。
3者の違い:
・経営層 ➡ コスト削減
・エンドユーザー ➡業務の効率化
・情報システム部門 ➡運用管理の平易化

なので…..
IT事業者には、矛盾点を整理して、妥協点を見つける役割が求められます。

お問い合わせフォーム

気になる方はコチラからお問い合わせ!
必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須ご住所
必須電話番号
ご相談内容
必須メッセージ本文

コメントを残す

*