インターン

「就活に有利」「企業が分かる」インターンシップのメリットとは

はじめに

本格的に動き出した就職活動!最前線では『インターンシップ』が活発です
就職の面接でアルバイト、ボランティアよりもウケるその理由とは?
そもそも「インターンシップ」とは何をする場なのでしょうか?

インターンシップとは

インターンシップ
インターンシップとは、学生が一定期間企業などの中で研修生として働き、自分の将来に関連のある就業体験を行える制度。 日本においては、大学本科生では3年次の夏・春の長期休暇中に行く事がほとんどで、3年秋から本格化する就職活動に先駆けて就業体験を積むことで、就職活動本番でのミスマッチを防ぐ目的もある。(インターンシップ – Wikipedia)

実は今の時期はインターンシップの絶好のチャンスなんです。
インターンシップ(もしくはインターン)とは、学生が企業で実際に働く体験ができる「職業体験制度」のことです。

最近では大学でもインターンを推奨しているところが多く、70%以上の大学がインターンを単位として認定しているというデータもあります

近年、インターン制度を導入する企業は増え続けているので、インターンに参加するのは当たり前になってくるかもしれません

インターンで見られるポイント

企業はインターンに来た学生を将来一緒に働く社員としてチェックしています。
いったいどんなところを見ているのでしょうか?

社風や求められている人材は企業ごとに異なりますが、多くの企業が判断材料としているポイントが3つがあります。インターン参加のときはぜひ、心に留めてみてくださいね!

【企業が見ているポイント3本柱】
1.人物像、得意・不得意などの『人間性』
2.仕事への姿勢、業務の取り組み方などの『仕事観』
3.マナーなどの『常識』

インターンに参加するメリット

インターンシップに参加するメリットとした、やはり実際に実務の経験を積むことでその企業について理解できることが挙げられます

・ビジネスマナーやその業界の基礎知識が身につく
・積極的に行動すればやりたいことを体験させてもらえる
・就活に有利な情報や内定に有利なサービスが受けられる。

長期インターンを応募している企業に参加してみることは就活にも企業に就職してからもとても大きなアドバンテージになるようです。

コメントを残す

*