学生

就活面接前にチェックしたい質問対策

就活で一番大事な面接対策。

 

でも、実際に面接官を前にすると、頭が真っ白になってどうすれば良いかわからず、戸惑ったりしていませんか?

 

そんな就活生のために、面接対策のポイントをまとめてみました。

この記事を面接前に読んでおけば、就活の面接本番も怖くありません。

 

就活面接の基本をおさえよう

面接は就職活動のなかでも重要な選考です。しかし、面接が苦手な学生にとっては、Webテストが上手くいっていたとしても非常に苦戦する選考です。たとえ、学生時代の経験が凄くても、面接で落とされてしまう学生が多いのはなぜでしょうか?

それは面接で評価される学生の特徴を理解していないことが原因なのかもしれません。面接で評価される学生とはどんな人物か、面接官の気持ちになって考えてみるとよいでしょう。

 

面接のタイプ別の対処法

面接には個人面接、集団面接、圧迫面接…など様々な形式があります。もちろん面接の形式ごとに、注意するべき点は違います。対応できないと本来の力を発揮せず、お祈り申し上げられる結果になりかねません。

就職活動の面接の形式に対応する方法をマスターしましょう。

 

個人面接の対策法

一番多い面接は「個人面接」です。

一次から最終まで続く個人面接を突破していかなければ内定がくることはありません。それぞれの面接ごとに評価されるポイントは変わってくるので、ポイントを意識して面接に臨む必要があります。

一次面接は、時間も短く、面接官の質問も、あまり本質的な部分を聞いてくることはありません。そのため、「社会人に出て働ける人なのか?」という学生の初印象や話した感じの基本的な面を見られています。一次かのポイントを具体的にまとめてみると

  • 聞かれた質問を理解し、回答できているか
  • 会話のキャッチボールができているか
  • 会社の志望度は高いか
  • 話し方がオドオドしたりせず、はっきりと自分の意見を伝えいるか
  • 身だしなみ・マナーはきちんとしているか

このような基礎的なポイントが見られています。

上記のポイントをしっかり押さえることができれば、一次面接は通過できます。

 

集団面接の対策法

他の学生と一緒に受ける「集団面接」は、一人当たりの時間が短く、また1人で話しすぎるとマイナスになってしまいます。話す内容をよりコンパクトにまとめ、面接官の印象に残るような解答をしなければなりません。

他の学生に埋もれないように自分を印象づける「集団面接のコツ」を詳しく解説していきます。

集団面接も一次選考で行われることが多いので人しての基礎力・社会力が見られます。社会人としての基礎力とは、質問の意図を理解し、適切に話をまとめられるいわゆる「コミュニケーション能力」のことです。

質問の意図を理解し、簡潔に話をまとめて、自分をアピールできれば、集団面接は突破できます。

コミュニケーション能力には、話す能力だけでなく、「聞く能力」も大事です。他の学生が話しているときも、話の聞き方や姿勢もチェックされています。自分の番が終わっていても気を抜かずに、他の学生の話にも耳を傾けましょう。

集団面接の特徴は「時間が短い」ことです。全体で30分〜40分、一人あたりに割り振られた時間は10分またはそれよりも短いことがほとんどです。その時間で自分が会社にどれほど必要な人材であるか売り込まなければなりません。

ですから簡潔に話をまとめる能力が求められます。長く話しすぎると、他の学生の喋る時間を邪魔してしまいます。長くても 90秒以内」に話をまとめられるように練習しておきましょう。

 

おわりに

いかがでしたか

面接とは、あなたの将来や夢がかかっている大切な面談です。最初から最後までしっかりと気を引き締め、自信をもって面接に臨みましょう。

どんな結果であれ、正々堂々と面接に臨む事ができたあなたは合格間違いありません。最後は慣れがモノを言うのも「就活」の特徴です。明るく笑顔を忘れずに立ち向かっていきましょう。

 

 

コメントを残す

*