コミュニケーション

質問力=会話力!!

よく、初対面の人相手や、緊張する相手と二人きりになった時などは
「何を話せばいいかな…」
という場面が少なくないと思います。

そういうときは、「相手に話してもらう」ことで、居心地の悪い空間から、
居心地のいい空間にすることが出来ます。

相手に話してもらうには、何をすれば効果的でしょうか?

応えやすい質問から、深く掘り下げる

例えば、あまり話したことのない職場の人から
「最近、どう?」
と聞かれたら、回答に困りませんか?

「えっと…ぼちぼちですね」

というような返ししかできないと思います。
これでは会話は続きませんよね。

最初のステップとして、
「はいorいいえ」
のみでこたえられる質問をしてみましょう。

上記質問を例にすると、
「最近、仕事はうまくいってる?」
という感じに。

「はい、順調です。」
「へえ、どんなことしたの?」
「飛び込み営業をかけたんですが、僕のプレゼンとアイデアを先方が気に入ってくれて。
担当として、仕事もらえることになったんですよ。」
「そうなのか。ちなみにどんな提案をしたの?」

という感じで、
一つの答えに対し、さらに質問し、
またその答えに対しての質問を入れることで、相手も答えやすくなり、自然と会話にもっていくことが出来ます。

最初に極端な質問は避ける

いきなり確信をつくような質問や、相手が答えにくい内容などを、焦って質問してはいけません。

なぜなら、
言いたくないことなどの場合、相手が警戒してしまうからです。
「次はどんなことを聞かれるんだろう…」という風に、身構えてしまえば、本心からの返事はもらえません。

なので、簡単で答えやすい質問からぽんぽん答えてもらうようにすれば、
「この人とは話しやすい」「会話が順調にいっている」という印象を付けることができ、話してもらいやすくなります。

会話を盛り上げるのは苦手…と感じている方は、ぜひこの質問力を磨いてみて下さい。
的確に質問を投げかけることが出来れば、相手が勝手にしゃべってくれますし、クライアントへのヒアリングに関しても役立つスキルです。

相手との距離を縮めつつ、欲しい答えを聞き出すことができるなんて、一石二鳥ですよね。

お問い合わせフォーム

気になる方はコチラからお問い合わせ!
必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須ご住所
必須電話番号
ご相談内容
必須メッセージ本文

コメントを残す

*