上司

他人と差をつける『報告』のテクニック~その2~

他人と差をつける『報告』のテクニック

 

今回は 「その2 」になります。

 

 

 

それでは質問です。

 

 

 

あなたは報告時に事実を伝えていますか?

 

 

 

 

・・

 

・・

 

まあ伝えているでしょうね。笑

 

 

ここで嘘をついたら、かなりまずい事です。

 

 

ここでいう「事実」は、

「お客さんが怒らせてしまっている!」「順調!」「簡単すぎる!」

「やばい!!」「クレームになりそう。。。」などです。

 

 

 

 

 

それでは、次の質問。。。

 

 

あなたは報告時に事実を話すかと思いますが、

始めに伝えますか?最後に伝えますか?

 

 

。。

 

 

 

どちらでしょうか。

 

前回や、前々回の記事にも書いていますが、

報告は「相手の立場に立つ」事が重要です。

 

 

 

実は、長い報告をきいている上司は、、、、

 

「どういうスタンスで聞いていいか」を探しています。

 

 

 

つまりどういう事かというと、、、

 

事実を最後に持ってくると、

 

実はヤバい話なのか?軽く聞いていて大丈夫な話なのか?

それが気になり、きく人を苛々させてしまうのです。。。。

 

もちろん誰もが苛々するという訳ではありませんが、、、

 

 

なので、結論を先にいうという事。

プラス、事実も早めに教えてあげましょう。。

 

そんな些細な事で苛々するなよ!と思っちゃいますが、

 

みえにく~~い「あるある」なのです。

 

 

お問い合わせフォーム

気になる方はコチラからお問い合わせ!
必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須ご住所
必須電話番号
ご相談内容
必須メッセージ本文

コメントを残す

*