上司

ワンマン経営は決して悪いことではない

ワンマン経営
ワンマン社長

などと聞くと、あまり良いイメージを持たないかもしれません。
ただし、中小企業に限ってはこれに必ずしも当てはまりません。

圧倒的なリーダーシップがある

チームみんなの意見を聞く上司と、
あれこれ自分だけで決めてしまう上司とだと、
どちらが行動までのスピードが速いと思いますか?

大企業であれば、様々な人の意見や提案などを聞いたうえで意思決定ができますが、
中小企業の場合、スピードがかなり求められるため、
ワンマンの方が良い場合があります。

ただ、独断で誰の意見も聞かずに進めるというのではなく、
意見を聞く場は必ず設けるようにすることが重要です。

※社長や上司の意見が強すぎると、部下が指示待ちになってしまったり、
 委縮して新しい提案などが出来なくなってしまいます。

行動をきちんとわきまえている

社長自身が、「自分の判断は絶対だ」と思いこんでしまうことにより、
本来の会社の理念から外れた行動をしてしまう場合があります。

ひどい場合だとそれが犯罪になってしまうケースもあります。

ワンマン経営者は、
会社が大きくなってきたら自分の権限を他の人にも譲渡して、
組織化を図る必要があります。

会社が軌道に乗るうちはワンマン経営で、
軌道に乗って人が増えてくれば組織化する
というように、一時的なものと考えるようにしましょう。

お問い合わせフォーム

気になる方はコチラからお問い合わせ!
必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須ご住所
必須電話番号
ご相談内容
必須メッセージ本文

コメントを残す

*