マーケティング

10倍速く書けるスピード文章術 Part 1

こんな経験ありませんか?

・「文章が苦手。書いてる時間が辛い。メールも企画も出来れば書きたくない」

・「最初の1行を書き出すまでに、ものすごく時間がかかる」

・「文章がうまく伝わらない。しゃべって伝えることはできるのに」

・「書き直しを何度も命じられて、いつまでたっても書き終わらない」

・「数千字のレポートは、文字が埋まらなくて苦痛だ」

文章が得意な人も苦手な人も、文章を書く上で生じる「ムダ」を徹底的に詐欺落として、

とにかく「速く書き終える」

ためのスキルと考え方をお伝えします。

 

ビジネスにおいて、今ほど「書く」ことが求められている時代もありません。

 

メール、レポート、企画書、プレゼン資料

PR記事、社内報、営業日報、議事録。

ブログ、メルマガ、SNS

 

あなたの1日の仕事を振り返れば、「書く」ことに多くの時間を費やしているはずです。

「書くスピード」を速くすれば、必然的に仕事は速くなります。

同じ内容を今より早く書ければ、それだけで、仕事の生産性は一気に上がるのです。

 

仕事が出来る人ほど、各スピードが速い

メールのレスポンスも速いし、企画書もあっという間にやってくる。

「出来限り早く書き終えて、他のことに時間を使いたい」

と考えている人が多いのだと思います。

 

「1日300字」

「1時間3000字」になります。

 

本記事で目指すのは、

「わかりやすくて役に立つ文章」

 

ストレスなくすらすら読める文章をテーマに書きましょう。

 

本記事では、文章が苦手な人でも、書くことが好きじゃなくても実践できる内容だけを紹介します。

 

「素材」を意識するだけで10倍速く書ける

 

ところで、「中身のある文章」という言葉を聞いたことありますでしょうか?私は本記事において、この「中身のある文章」を「素材」と呼んでいます。

素材を意識するとは、「どう書くか」ではなく、「何を書くか」に集中するといことです。

 

それだけで書き終えるスピードが10倍速くなります。

 

お問い合わせフォーム

気になる方はコチラからお問い合わせ!
必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須ご住所
必須電話番号
ご相談内容
必須メッセージ本文

コメントを残す

*