デザイン

インフォグラフィックスには安易に手を出してはいけない

データをビジュアライズする

インフォグラフィックスという統計データや知識をビジュアルで見せる表現が流行っています。ビジュアルで見るデータは分かりやすいだけでなく、イラストやデザイン力によって、眺める楽しさがあるのがポイントです。

ただ問題は、インフォグラフィックスの難しさです。単にグラフを絵に置き換えただけのようなものや、効果的でないイラストの使いまわしをした「もどき」は、もとの情報よりもさらに伝わりにくく、見るものに発見もないため、面白くもなくいまちになってしまいます。

 

手法の基本的な部分だけを活用する

インフォグラフィックスを本格的に取り入れるには、情報整理する力が必要です。いちばん基本的な手法だけを使って正しく使えば、誰でもそれらしい表現で図形をつくることができます。

 

大きさの比を示すことで売上額や人口の違いを一目瞭然にしよう。

 

※ポイント

・インフォグラフィックス「もどき」では意味が伝わらない資料になる

・データをビジュアライズする際のバリエーションを知る

お問い合わせフォーム

気になる方はコチラからお問い合わせ!
必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須ご住所
必須電話番号
ご相談内容
必須メッセージ本文

コメントを残す

*